+与那国蝶観察記録+


平成22年7月8日(木)晴れ
7月7日
マルバネルリマラダ 2♂2♀ 宇良部岳  佐賀 溝上氏
ウスコモンマダラ  2♂2♀   々    々  々
ウスキシロチョウ(紅班型)1♀  々    々  々
ツマムラサキマダラ 1♂1♀   々    々  々
リュウキュウムラサキ  1♂   々    々  々
7月8日
ルリマダラ1♂(完品) アギンダ     佐賀  溝上氏
マルバネルリマダラ 1♀ 宇良部岳    々    々
ウスコモンマダラ  1♂2♀ 宇良部岳  佐賀  溝上氏
   々      2♂4♀ アギンダ   々   々
ウスアオオナガウラ 2♂   宇良部岳  佐賀  溝上氏

※一週間違いで1人でウスコモン13頭、ルリマダラ
溝上氏の1人舞台です。明日は私も出動いたします。
先週はあまりいい物は観察されていませんでしたが
これから楽しみです。

2010/7/8(Thu)


平成22年7月1日(木)晴れ
6月18日
ウスアオオナガウラナミ 2♂ 宇良部岳 東京 田中氏
キミスジ        1♂ アギンダ  々  々
6月21日
シロウラナミシジミ   1♂ 帆安   千葉 山口氏
   々        1♀ 久部良岳 大阪 豊浦氏
6月23日
キミスジ        1♀ 宇良部岳 大阪 豊浦氏
カワカミシロチョウ   1♀   々   々  々
   々        1♀ 新川線   々  々
   々        1♂ 比川林道 大阪 豊浦氏
   々        1♀ 久部良岳 東京 田中氏
マルバネルリマダラ   1♂   々  京都 上田氏
シロウラナミシジミ   1♂ アギンダ 京都 上田氏
6月24日
カワカミシロチョウ 1♀(黄色型)比川林道 大阪 豊浦氏
   々      1♂1♀ 久部良岳 東京 田中氏
   々        1♀ 新川線  千葉 山口氏
   々        1♀ 久部良岳 東京 田中氏
   々        1♀ 新川線  大阪 豊浦氏
   々        1♂  々    々  々
   々        2♂ 宇良部岳 京都 上田氏
ウスアオオナガウラナミ 1♂  々   々   々
シロウラナミシジミ   1♂  々   千葉 山口氏
   々        1♀ 満田原林道 千葉 山口氏
キミスジ        1♂ アギンダ   々  々
6月25日
カワカミシロチョウ 1♀(黄色型)宇良部岳 京都 上田氏
ウスコモンマダラ  1♂      々   岡山 平尾氏
カワカミシロチョウ 1♂      々    々  々
ツマムラサキマダラ 2♀      々    々  々
カワカミシロチョウ 1♂1♀    新川線 東京 田中氏
6月26日
ウスアオオナガウラナミ 1♂ 宇良部岳 岡山 平尾氏
ウスコモンマダラ  2♂ 久部良岳 東京 田中氏
シロウラナミシジミ 1♀ 新川線  東京 田中氏
タイワンシロ(雌雄型)凄い!! 三つ石 東京 田中氏
ウスアオオナガウラナミ 2♂ 宇良部岳 名古屋 木下氏
6月27日
ミナミコモンマダラ 1♀ アギンダ 三重 西田氏
カワカミシロチョウ 1♂1♀ 宇良部岳 岡山 平尾氏
ツマムラサキマダラ 2♂ ドナン岳 名古屋 木下氏
リュウキュウムラサキ 1♂ 久部良岳 々   々
カワカミシロチョウ 1♂ 宇良部岳 埼玉 金子氏
ツマムラサキマダラ 1♀ 新川線  東京 坂本氏
6月28日
カワカミシロチョウ 1♀ 宇良部岳 埼玉 金子氏
マルバネルリマダラ 1♀ 久部良岳  々  々
キミスジ      1♂ 新川線   々  々
ウスコモンマダラ  1♀ 宇良部岳 名古屋 木下氏
ツマムラサキマダラ 2♂  々    々   々
リュウキュウムラサキ 1♂久部良岳  々   々
カワカミシロチョウ 1♀ 比川林道 東京 坂本氏
ウスアオオナガウラナミ 3♂宇良部岳 東京 坂本氏
ヤエヤマムラサキ 1♂  久部良岳  東京 坂本氏
6月30日
カワカミシロチョウ 1♂ アンガイミドゥチ東京 坂本氏

※6月は山口氏のハイイロタテハモドキ、田中氏のタイワンシロチョウの雌雄型が光っていますが、やはりタイワンシロの雌雄型がエエモンです。初めて見ました。図鑑などでは色んな雌雄型の蝶を見ていますが、実物を見たのは初めてじゃ!!人間の雌雄型は何度も見ていますが、蝶屋にも雌雄型モドキがいますが、誰とは言いまへんわ!「田中さん、与那国ホンダに置いていった方がみ〜んなが見てくれるから田中さんの名前が売れますよ」
って言っても持って帰りよったわ!展翅して置いてあげるってももって帰りよったわ!

6月の来島者
入野、西村、植松、玉置、菅原、平尾、松村、林、宮城、西田、佐藤和、石原夫妻、板垣、田中、山口、堺
菅原、吉田正、神藤、高橋直、松村、金子、河合、坂本、小沢、西田、柳谷、木下、水野、楠井、杉本
各氏でした。

2010/7/1(Thu)


平成22年6月17日(木)晴れ
6月17日
ハイイロタテハモドキ 1♂ 宇良部  千葉 山口氏
ホリイコシジミ 2♂1♀  テンダハナタ 西條
シロウラナミシジミ 1♂  久部良岳   西條

※今日、宇良部岳から降りて一周道路(新川線)にでる手前の鞍部にて与那国初記録と思われるハイイロタテハモドキがザラリーマンさんにて観察されました。少しスレていて前翅が欠け、山口さん1年ぶりの1種増えました
2002年12月、西表以来ですかね。山口さん、とてもとても喜んでいました。


2010/6/17(Thu)


平成22年6月17日(木)曇り
5月30日
キミスジ  1♀  宇良部岳  茨城 塙 氏
5月31日
ウスアオオナガウラナミ2♂ 宇良部岳 静岡 鈴木氏
シロミスジ 1♂        々  静岡 鈴木氏
6月1日
キミスジ  1♀  宇良部岳  茨城 塙 氏
キミスジ  1ex  宇良部岳  茨城 高橋氏
シロミスジ 1ex    々   京都 西村悠氏
タイワンアサギマダラ 1♂  宇良部岳 静岡 鈴木氏
ムラサキオナガウラナミ1♂    々  静岡 鈴木氏
6月2日
ウスアオオナガウラナミ 1♂ 宇良部岳 三重 玉置氏
タイワンアサギマダラ  2ex 久部良岳 兵庫 平山氏
6月4日
ツマムラサキマダラ  1♂  宇良部岳 三重 西田氏
    々      1♂  ドナン岳 三重 西田氏
ヒメアサギマダラ   1ex   々    々  々
タイワンモンシロ   1ex  立田神   々  々
ムラサキオナガウラナミ1♂  宇良部岳 大阪 林 氏
6月5日
ツマムラサキマダラ  1♂  久部良岳 岡山 平尾氏
ウスアオオナガウラナミ2♂    々  岡山 平尾氏
    々      1♂1♀ 宇良部岳 大阪 林 氏
ムラサキオナガウラナミ1♂    々   大阪 林 氏
タイワンアサギマダラ 1♀    々   横浜 高橋氏
6月7日
ウスアオオナガウラナミ 1♂  久部良岳 京都 植松氏
メスアカムラサキ    1♂    々  京都 植松氏
6月8日
ウスアオオナガウラナミ5♂  宇良部岳 京都 植松氏
6月9日
キミスジ 1♂  新川線  京都 植松氏
リュウキュウムラサキ 1♂ 京都 植松氏
6月11日
ウスアオオナガウラナミ1♂ 宇良部岳 東京 田中氏
リュウキュウムラサキ 1♀   々  東京 田中氏
キミスジ 1♀       宇良部岳 千葉 山口氏
ツマムラサキマダラ  1♀   々  千葉 山口氏
    々      1♂ 三つ石   々  々
ウスアオオナガウラナミ1♂ 宇良部岳 京都 植松氏
6月12日
キミスジ 1♂  宇良部岳 東京 田中氏
タイワンアサギマダラ 1♂ 宇良部岳 東京 田中氏
6月13日
キミスジ 2♂2♀  宇良部岳 大阪 吉田氏
リュウキュウムラサキ 1♂ 宇良部岳 大阪 吉田氏
タイワンモンシロ   1♂1♀ 立田神 々   々
タイワンアサギマダラ 1♂ 宇良部岳 鳥取 板垣氏
リュウキュウムラサキ 1♂   々   々  々
ウスアオオナガウラナミ1♂   々  東京 田中氏
ホリイコシジミ    1♂ テンダハナタ  西條
キミスジ 2♀    宇良部岳 千葉 山口氏
6月14日
マルバネルリマダラ 1♀  宇良部岳 横浜 堺 氏
リュウキュウムラサキ1♂    々   々  々
    々     2♂  久部良岳 横浜 堺 氏
6月15日
タイワンアサギマダラ1♂  宇良部岳 横浜 堺 氏
リュウキュウムラサキ1♂  新川線遊歩道  堺 氏
6月16日
キミスジ 1♂   宇良部岳 東京 田中氏

※全国的に入梅宣言されました(北海道は除く、皆知ってるわな)が八重山はそろそろ梅雨明け間じかです。
昨年よりもマダラ類の観察がとても少ないです。ベテラン二人が毎日弁当持参で山に出勤していますが
成果があがりません。ザラ○ーマ○さんは蝶の観察あきらめて甲虫屋になってしもうたか?!○中さんも根性でがんばっています。





2010/6/17(Thu)


平成22年5月31日(月)晴れ
5月25日
タイワンアサギマダラ 1♂  宇良部岳 東京 田中氏
5月26日
タイワンアサギマダラ 1ex  久部良岳 大阪 五十嵐氏
    々      1♀  宇良部岳 東京 田中氏
    々      1♂  久部良岳 大阪 上田氏
ウスコモンマダラ   1♂  宇良部岳 東京 田中氏
5月28日
ムラサキオナガウラナミ1♂  宇良部岳 東京 田中氏
キミスジ       1♀    々  東京 田中氏
タイワンアサギマダラ 1♀    々  埼玉 金子氏
5月29日
タイワンアサギマダラ 1♀  宇良部岳 横浜 高橋氏
ツマムラサキマダラ  1♂    々  岡山 平尾氏
タイワンモンシロ   1♂  アギンダ 岡山 平尾氏
   々       2♂1♀ 立田神  埼玉 金子氏
   々       3♂  比川   埼玉 金子氏

※ルリマダラの幼虫はガジュマル、イヌビワ(共に新芽)に食いつかず小さなタッパーの中を徘徊して餌を
求めて力尽きてしまいました。図鑑にはガジュマルと書いてあるのに・・・・とても残念でした。
五月の来島者
清水夫妻、高木一、小堀、福富、松山、桐村、塚越、西田、白幡、菅原、松村、高橋直、森亮、根来夫妻、
大橋、田中豊、堺、横山司、大野、日高、菅原、佐藤、林、本間、水越、高橋夫妻、日野、兼子、下村、五十嵐
上田、江口、新井、塙、高橋晴、坂本正、坂本良、山崎、平尾、金子、高橋直、横山政、平山、鈴木夫妻、
高津夫妻、以上各氏でした。
雑虫屋
丸山、佐野、中島、各氏でした。
爬虫類屋
水谷氏、杉本氏、でした。
2010/5/31(Mon)


平成22年5月26日(水)晴れ
5月24日
ルリマダラ  1♀(スレ)宇良部岳 東京 田中氏
5月25日
ウスアオオナガウラ 7♂ 宇良部岳 東京 川野氏


※前回の観察記録で誤りがありました訂正いたしましたのでよろしくお願い致します。

皆さん23日の日曜日に帰られ、田中氏と川野氏が残られ田中氏が自己初記録となるルリマダラを観察されました
2日前から強い南風に飛ばされてきたのでしょうか?スレていました♀だったので卵を1つ搾り出して、今預かっています。うまく飼育できればエエのですが!!あの南風でこれから週末にかけてもしかして良いかもしれないです。
2010/5/26(Wed)


平成22年5月23日(日)曇り
5月16日
タイワンアサギ  2ex   久部良岳   横浜 高橋氏
5月17日
マルバネルリマダラ 1♂  宇良部岳   横浜 松村氏
サツマシジミ    1♂   々      々  々
タイワンアサギ   1♂  久部良岳   京都 森 氏
ウスアオオナガウラ 多数   々     京都 森 氏
ウスコモンマダラ  1♂  宇良部岳   大阪 根来氏
サツマシジミ    1♀    々    大阪 根来氏
ツマムラサキマダラ 3♂4♀   々    京都 森 氏
ヒメアサギマダラ  3ex    々    京都 森 氏
5月18日
ウスアオオナガウラ 3♂  宇良部岳   東京 田中氏
ウスコモンマダラ  1♂    々    大阪 根来氏
5月19日
ウスアオオナガウラ 4♂  宇良部岳   大阪 根来氏
タイワンアサギマダ 1♀  宇良部岳   東京 田中氏
5月20日
シロオビマダラ   1♀  宇良部岳   大阪 根来氏
ウスアオオナガウラ 5♂    々    大阪 根来氏
ウスコモンマダラ  1♂  ドナン岳   東京 田中氏
タイワンアサギマダ 1♂  宇良部岳   横浜 堺 氏
5月21日
ウスコモンマダラ  1♀  宇良部岳   大阪 林 氏
   々      1♂    々    東京 本間氏
ツマムラサキマダラ 2♀    々    東京 本間氏
ウスアオオナガウラ 4♂    々    横浜 堺 氏
タイワンモンシロ  2♂  三ツ石    茅ヶ崎 水越氏
5月22日
ウスアオオナガウラ 1♂1♀ 宇良部岳  大阪 林 氏
    々     2♂   久部良岳  東京 本間氏
キミスジ      1♂1♀ 比川林道  名古屋 兼子氏
ウスコモンマダラ  1♂  宇良部岳   茨城 横山氏
5月23日
ムラサキオナガウラ 1♂  宇良部岳   東京 菅原氏

※迷蝶よりも観察者の方が多かったように思えました.(22日)
久しぶりにキミスジが与那国で観察されました。いろんな種類が増えてほしいものです。楽しいですからね
地元新聞に、とある偉い先生がアサヒナキマダラの幼虫、蛹を捕まえて親子、自然観察者モドキ達に教えていた。「これが幼虫、蛹です」「しっかり覚えて密猟などさせないように監視をしましょう」なんて記事が載っていました。しかし、オモト岳頂上のリュウキュウチクなど業者が請け負っているのかよく分からんけどビーバーでガンガン刈り採っている。刈り取ったリュウキュウチクに着いているアサヒナの卵、幼虫、など調べてから
刈り取らないと駄目ですね!なんせ天然記念物やからねぇ(-_-;)



2010/5/26(Wed)


平成22年5月16日(日)曇り
5月1日
サツマシジミ  1♂ 宇良部岳  福島 福富氏
ウスアオオナガ 1♂ 宇良部岳  福島 福富氏
5月2日
サツマシジミ  1♂ 久部良岳  埼玉 小堀氏
ウスアオオナガ 3♂ 久部良岳  埼玉 小堀氏
サツマシジミ  1♀ 宇良部岳  岡山 斉藤氏
5月4日
サツマシジミ  1♀ 宇良部岳  福岡 高木氏
ウスアオオナガ 1♂ 宇良部岳  福岡 高木氏
ツマムラサキ  2♂ 宇良部岳  福岡 高木氏
5月5日
ウスアオオナガ 1♂ 宇良部岳  福岡 高木氏
5月8日
サツマシジミ  1♂1♀ 宇良部岳 沖縄 西條
ウスアオオナガ 2♂   宇良部岳 沖縄 西條
シロミスジ   2♂1♀ 宇良部岳 沖縄 西條
5月9日
サツマシジミ  5♂2♀ 宇良部岳 京都 塚越氏
ウスアオオナガ 2♂1♀ 宇良部岳 京都 塚越氏
タイワンアサギ 1♀   宇良部岳 京都 桐村氏
タイワンアサギ 1♂   久部良岳 三重 西田氏
マルバネルリ  1♀   久部良岳 三重 西田氏
ウスアオオナガ 1♂1♀ 久部良岳 三重 西田氏
5月14日
ウスコモンマダラ 1♀  宇良部岳 東京 菅原氏
タイワンアサギ  1♀    々  東京 菅原氏
ムラサキオナガ  1♂    々  東京 菅原氏
ウスアオオナガ  1♂1♀   々  東京 菅原氏
サツマシジミ   2♂    々  千葉 白幡氏
タイワンアサギ  2ex  宇良部岳 千葉 白幡氏
ウスアオオナガ  1♂    々  千葉 白幡氏
5月15日
ウスコモン    1♂  宇良部岳 東京 菅原氏
タイワンアサギ  1♀    々  東京 菅原氏
ムラサキオナガ  1♂    々  東京 菅原氏
ウスアオオナガ  1♂    々  東京 菅原氏
サツマシジミ   1♂    々  横浜 松村氏
タイワンアサギ  1♀    々  横浜 松村氏
ホリシャルリシジミ 1♂ 久部良岳 横浜 松村氏
タイワンアサギ   1♀   々  横浜 松村氏

※沖縄は入梅しましたが、毎日の天気予報があたりません。観察者が入るときは晴れてほしいものです。
八重山の地元の新聞にアサヒナキマダラセセリを採集しないようにパトロールを強化している事を大きく載せていましたが、ネットを持っているだけで飛んで来るようですね。きびしいです。しかし腹が立ちます<(`^´)>
腕章を付けて人に注意をするのが何だか優越感を感じているような、自分が偉くなったような錯覚を起こし
あやませる「すみません」と言いと「ここはだめですよ」って立ち去ってゆきますが、「なんでやねん」
「採ったらあかんなんて誰が決めたんじゃ」なんて言い返したらコイツら立場を利用して高飛車に物を言って
きよる。腕章は強いねぇ!!なんであんな汚いセセリを県天然記念物に・・・?
ネッタイアカの方がよっぽどきれいやで!もう一つ、与那国のキシノウエトカゲめっきり会わなくなりましたが
山に捨てられた猫がうまそうに食しているようです!与那国町の野良犬、野良猫などの駆除を先にやった方が
ええのと違いますかねぇ。石垣もだと思いますが。



2010/5/16(Sun)


平成22年5月1日(土)晴れ
4月18日
ウスアオオナガウラナミ 1♂ 宇良部岳 名古屋 兼子氏
サツマシジミ     1♂1♀  々    々   々
ツマムラサキマダラ  1♂    々    々   々
4月24日
ウスアオオナガウラナミ 1♂ 宇良部岳 東京 菅原氏
タイワンアサギマダラ  1♀   々  大阪 林 氏
    々       1♀   々  横浜 松村氏
サツマシジミ    2♂4♀ 宇良部岳   々  々
   々      1♂    々   大阪 林 氏
   々      1♂1♀   々   横浜 青木氏
   々      2♂    々   東京 菅原氏
   々      1♂  イランダ林道 々  々
4月25日
サツマシジミ    1♂1♀ 宇良部岳 東京 菅原氏
   々       1♀   々   横浜 松村氏
タイワンアサギマダラ 1♂   々   東京 菅原氏
   々       1♀   々   横浜 松村氏
   々       1♀   々   大阪 林 氏
4月26日
サツマシジミ    1♂2♀ 宇良部岳 東京 菅原氏
   々      2♂1♀   々  横浜 青木氏
ウスアオオナガウラナミ 2♂   々   々  々
シロオビマダラ   1♀     々   々  々
ツマムラサキマダラ 1♂1♀   々   々  々
4月30日
サツマシジミ    1♂2♀ 宇良部岳 岡山 平尾氏
シロオビマダラ   1♀    々   々   々
タイワンアサギマダラ 1♂   々   岡山 斉藤氏

※普通種は多いです。
4月の来島者
新井、大橋、菅原、兼子、金、菅原、林、松村、青木、
斉藤夫妻、平尾、村田、石井滋、下地夫妻、各氏でした。
 
2010/5/1(Sat)


平成22年4月18日(日)雨
4月1日
サツマシジミ  2♂3♀ 宇良部岳 埼玉 新井氏
  々     2♀    々      西條
クロマダラソテツ 1♀   々   埼玉 新井氏

4月16日
サツマシジミ  2♂1♀ 宇良部岳 東京 菅原氏

4月17日
サツマシジミ  22♂♀ 宇良部岳 東京 菅原氏
ウスアオオナガ 1♂    々   々   々
サツマシジミ  8♂4♀  々   名古屋 兼子氏
タイワンアサギ 1♂    々    々  々
ホリシャルリシジミ 1♀ 宇良部岳  々  々
番外
ネッタイモンシロモドキ 3ex 宇良部 菅原、金子氏

※4月に入って雨が多いです。急に温度が下がったりで、2日前の夜は寒くて2人の蝶屋が電気ストーブを
つけていました。ホリシャ1♀が観察されました。少しすれていましたがまあまあきれいでした。
卵、産んでいたら良いけど、楽しみです。何年か前には5月10日ぐらいまで沢山観察できた記憶がありますが
しかし、何に産み付けているのかねぇ。
番外編
3月中旬から野鳥観察者が増えていますが良い写真を撮りたくて何かの幼虫(蛾)?まいていましたが
これって外来種?をばらまいているのでは?水辺の鳥も良い写真を撮りたくてオタマジャクシなど持ち込んで田んぼに放しているかもしれない?与那国初記録と喜んでも本当は持ち込まれたかもしれない。
可能性は無いとはいえなくなってきた!以前与那国にシロアゴ蛙がいるので、どこからこの蛙が入ってきたのか地元紙に大きくとりただされた!純粋の野鳥観察をされている方には良い迷惑ですね!多分プロがやることだと思いますが私は鳥屋さんの見る目が変わってきました。以前田原川でシベリアセンニュウと言う鳥がやぶから
なかなか出てこないので竿の先に缶を結びつけて缶の中には幼虫が沢山入っていたのが思い出しました。
鳥屋のプロも大変だねぇ<(`^´)>鳥屋もトラップ、しかけるんだね。知らんかった。



      


2010/4/18(Sun)


Page:[1][2][3][4][5][6]



CGI Pal